レギュレーション

大会に参加する前には、「大会規則」と「車両規則」を必ず熟読下さい。

※「特別戦規則遺書」は通常の大会規則と異なる部分および追加規則のみ抜粋

イベント内容

  • 本大会はサーキット走行のルールとマナーを厳守し、安全性を最優先させたうえでスプリントレースの楽しさを味わい、ドライビングテクニックの向上を図ります。
    同時に明るいスポーツマンシップを養成し、健全な交通社会人を育成するとともに、モータースポーツ人口の拡大を目指して開催します。
  • スタンディングスタートによるレース形式
    公式練習 公式予選 決勝
    30分 20分 8Lap
    ※その他練習は、4C区分走行やHow Match走行会等もご利用頂けます!
    ※競技規則・車両規則詳細は、下記 東北660選手権公式ホームページにて確認できます。
  • 東北660選手権 公式サイト (http://www.mavericks.jp/)

募集台数

  • 全クラス合計 最大60台(先着順)
    ※参加料支払い完了までの受付事務局到着順とします。
    ※主催者により認めた台数まで受付ける場合があります。

クラス設定

  • 1998年(平成10年)10月以降に製造された、新安全衝突基準に適合している軽自動車で、自然吸気エンジンを搭載した車両。
    新車時と異なる型式のエンジンに換装した車両の出走は、公認車検を取得に関わらず全て認めない。
    (過給機付きエンジンから過給機を外した車両の参加は1クラスと4クラスは可。)

    クラス名称 改造限度 使用可能ラジアルタイヤ 対象
    1クラス トップグレードハイグリップ レース経験者 / デモカー等、中~上級者
    2クラス トップグレードハイグリップ 走行経験豊富、公式競技 / レース経験者
    3クラス セカンドグレードモデル 初心者 / レース未経験者、久々のサーキット走行者等
    4クラス トップグレードハイグリップ AT / CVTクラス
  • 各クラスの改造限度詳細は別紙「2017 東北660選手権車両規則書」を参照。

  • 1クラスの参加台数が増えればさらに細分化する可能性がある。

参加ドライバーの資格

  1. 当日有効な4輪運転免許証を所持し、心身ともに健康である者。
  2. 大会諸規則を守れる心を持つ者。(別紙 : 2017 大会規則書)
  3. 無理をせず、常に参加者同士の安全に気を配れる者。
  4. ドライバーの変更は参加受付時までに事務局へ申し出た場合のみ許される。

参加ドライバーの装備

660-1クラス
  • 難燃性素材のレーシングスーツまたはドライビングスーツ(FIA規格は不問)必着
  • レーシンググローブ / レーシングシューズ / 4輪用ヘルメット
その他のクラス
  • 難燃性素材のレーシングスーツまたはドライビングスーツ(FIA規格は不問)必着
  • ジェットヘル以上のヘルメット / グローブ / シューズ
    ※グローブは軍手不可、運転に適した素材の物を着用する事。
    ※シューズはペダル操作のし易い物をチョイスする事。特に雨天時のペダル操作に注意。
★ 全クラスともhans等の頚部保護装具の着用を強く推奨する。